売る時の注意点

マンションを売る時の注意点

マンションを売る時は色々な手続きが必要になります。買うときにも様々な手続きがあって苦労をされたことと思いますが、マンションを売るときもそれに負けないくらい様々な手続きが必要になります。では、マンションを得る時の手続きとはどんなものなのでしょうか。

マンションを売る時の手続き

重要事項説明という言葉を聞いたことはありますか?家を借りたり買ったりする時に、一度は聞いたことがあると思います。マンションを売る時もこの重要事項説明が必要になります。マンションを売る時の重要事項説明では、マンションの設備や築年数を始めとする様々なものを全て説明する必要があります。これはマンションを売る前にかならず、正確な情報を伝える必要があります。もしこれに漏れがあったり、虚偽報告があると契約が無効になる可能性があるので注意が必要です。

司法書士に依頼する

マンションを売る時は多額の現金の収受が行われますし、様々な契約の変更があるのですから様々な書類を作る必要があります。そこで活躍するのが司法書士です。司法書士に依頼すれば正式な様式でそれらの書類の作成を行ってくれますので、マンションを売る時は不動産業者紹介の司法書士に書類作成などを依頼することになります。マンションを売る時は、様々な方にお世話になると思いますが、其の方々の話をよく聞きつつ、円満にマンションを売ることが出来れば、一番良いですね。