参考情報

他の物件の情報も参考に

マンションを売る時は、自分が売るマンション以外の、近隣のマンションとか、あるいは自分の住んでいるマンションの他の部屋の売却時の情報を手に入れておくと良いかもしれません。特に自分が住んでいるマンションの別の部屋の情報は、最も参考にできる情報でしょう。不動産業者によって査定額は違いますが、時には格安で買い叩いていく悪徳業者もいるかもしれません。マンションを売る時はそんな業者に引っかからないように、以上に低い査定を出してくる業者を避けるためにも、周辺物件の情報はマンションを売る時、充分に注意しておく必要があります。

営業マンの手腕に左右されます

マンションを売る時、一番頼りになるのは不動産業者の営業マンです。あなたが売りたいマンションを、マンションを買いたい方に宣伝して、契約まで持って行くのが営業マンの仕事です。しかし、マンションを売るというのは簡単な小音ではありません。中古とはいえマンションの価格は安いものでも数百万、高いものだと数千万円になることも珍しくありません。そんな高額な買い物を、ほいほいとしてくれる人が居るはずもなく、マンションを売る時はやきもきするかもしれません。営業マンの手腕に期待して、信頼するとともに、どうしても売れない場合は、契約する不動産業者を変更することもマンションを売る時は考えておいたほうが良いかもしれません。

足元を見られない為に

どうしてもマンションを売る理由がある時は、早く買い取ってほしいものですし、値段が少し下がってでも、とお考えになるかもしれません。しかし、そういう気持ちを営業マンは敏感に察知して、少しでも安く買い取ろうと考えるかもしれません。マンションを売る時は、確かに早く買い取ってほしいものですが、あまり追い詰められた様子を見せると、買い叩かれる場合もあるということは覚えておいても良いかもしれません。マンションを売る時は、堂々と、不満や疑問があれば聞いていくようにすれば、マンションを売るときの心配や不安も解消されると思います。