内覧について

内覧って?

マンションを売る時に、買い手の方が一度マンションを見に来ることがあります。これを内覧といいますが、マンションを売る時、一番重要なのはこの内覧の時です。内覧で悪いイメージをもたれたらマンションを売ることができなくなります。そこで、マンションを売るときの内覧ではどんなことを気をつければ良いのか、少し考えて置く必要があると思います。

買い手の方に気持ちよくみてもらう

マンションを売るときの内覧は、見に来た買い手の方に気持ちよく部屋をみてもらう必要があります。もし、マンションを売るときの内覧でいい印象を持たれなかったら、それはマンションを売ることが出来無くなるかもしれない重大なことです。マンションを売るときの内覧では、部屋の中を綺麗に片付けておくとともに、内覧に来た人に対しては笑顔で対応をしましょう。

内覧の時は引っ越し後?引越し前?

マンションを売る際、内覧は必ず必要になるのですが、この内覧をどういった状態で迎えるのが一番良いかは人によって判断基準が異なるようです。余裕があれば既に引っ越して、全ての家具を運び出した状態にして直ぐにでもマンションを売ることができる状態にした上で内覧をした方が良いという人もいますし、まだ生活している間に内覧を行うのがいいという人もいます。マンションを売る時は、買う人がそのマンションでどんな生活をするのか思い浮かべながら内覧を行うので、空っぽの場合でも、まだ生活している間でもどちらの場合も色々と参考にされるのではないでしょうか。マンションを売る際は、内覧はとても重要ですが、その為に全てを犠牲にすることはありません。引越し前の内覧の場合は、小奇麗に片付けておくことをお勧めします。